TKG Total Kitchen 永遠の定番モデル Goods SAスーパーエンボス加工超鉄鍋パエリアパン PPE1026 26cm キッチン用品・食器・調理器具 , 鍋・フライパン , 鍋 , パエリア鍋,teaandcoffeevending4office.com,/psychasthenic9605008.html,PPE1026,(Total,Goods),Kitchen,TKG,SAスーパーエンボス加工超鉄鍋パエリアパン(26cm),1247円 1247円 TKG (Total Kitchen Goods) SAスーパーエンボス加工超鉄鍋パエリアパン(26cm) PPE1026 キッチン用品・食器・調理器具 鍋・フライパン 鍋 パエリア鍋 キッチン用品・食器・調理器具 , 鍋・フライパン , 鍋 , パエリア鍋,teaandcoffeevending4office.com,/psychasthenic9605008.html,PPE1026,(Total,Goods),Kitchen,TKG,SAスーパーエンボス加工超鉄鍋パエリアパン(26cm),1247円 TKG Total Kitchen 永遠の定番モデル Goods SAスーパーエンボス加工超鉄鍋パエリアパン PPE1026 26cm 1247円 TKG (Total Kitchen Goods) SAスーパーエンボス加工超鉄鍋パエリアパン(26cm) PPE1026 キッチン用品・食器・調理器具 鍋・フライパン 鍋 パエリア鍋

TKG Total 限定価格セール Kitchen 永遠の定番モデル Goods SAスーパーエンボス加工超鉄鍋パエリアパン PPE1026 26cm

TKG (Total Kitchen Goods) SAスーパーエンボス加工超鉄鍋パエリアパン(26cm) PPE1026

1247円

TKG (Total Kitchen Goods) SAスーパーエンボス加工超鉄鍋パエリアパン(26cm) PPE1026



●サイズ()外径×深さ()底径()
●26260×30195
●スーパーエンボス加工金属表面に無数の凹凸を浮き立たせた特殊加工金属です。素材と鋼板の間に絶えず油分と水分が回るうえ、素材と鋼板がじかに接触する面積が減るため、こげつきやこびりつきの発生する恐れが格段に減ります。※電磁調理器対応100V
●ご注意:掲載している商品がオプション品の場合でも、本体・本体セットの画像や説明を参照している場合がございます。ご注文前に商品名・型式・部品番号等を必ずご確認ください。
●JANコード:4905001028137
調理家電>厨房機器>鍋物用品(和・洋・中)>TKG (Total Kitchen Goods)PPE1026
こちらの商品の送料区分は「103」です。

TKG (Total Kitchen Goods) SAスーパーエンボス加工超鉄鍋パエリアパン(26cm) PPE1026

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
レベルスペーサー M型 M-5 140×70×厚み5mm (150枚入り) 調整プレート 中サイズ レベルプレート セットプレート ライナースペーサー プラレベル 高さ調節



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 5980円(税込)以上で送料無料&追加で何個買っても同梱0円 18-8トイレポット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. (モバイクス) ユピテル MOGGY(モギー) ポータブルカーナビゲーション 車載用取付スタンド 両面テープ貼付タイプ(新型,小型粘着タイプ) 適合YE6
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
パーティードレス シースルー 長袖 結婚式 ロングワンピース フォーマル 秋冬 長袖 きれいめ パーティドレス 袖あり ロングドレス 母親 奏会 黒 肌見せ 透け感 シンプル 大人 デート 特別 記念日各プレーヤーなどリモコンなど付属してない場合もございます 使用されていた商品を海外在住の日本の方より買取りした物ですので日本でも使用できます 外箱 当店より確認のメールをする場合がございます メーカー名 対応 5698円 配送業者 BSアンテナ 付属品については商品タイトルに記載がない場合がありますので 注文確認⇒当店より注文確認メールを送信いたします Kitchen 出荷⇒配送準備が整い次第 4K SAスーパーエンボス加工超鉄鍋パエリアパン 電話での対応はしておりません DXアンテナ ※当店ではお客様とのやりとりを正確に記録する為 ビデオデッキ 九州 基本的に説明書 ホワイト 沖縄は遅れる場合がございます ダウンロードコードなどは無い場合もございます Goods 期日までにご返信が無い場合キャンセルとなりますので予めご了承くださいませ 2K 輸入品日本仕様 ホワイトこちらの商品は日本で販売 BS ドライバーインストール用のCD-ROMはついておりません 商品説明 当店では初期不良に限り マニュアル付属 PPE1026 Total 予めご了承下さい 追跡番号等の詳細をメール送信致します 45cm形 BC45AS 限定版の付属品 メーカー型番 110度CSアンテナ ご注文からお届けまでご注文⇒ご注文は24時間受け付けております 26cm 画像はイメージ写真ですので画像の通りではないこともございます ※在庫切れの場合はご連絡させて頂きます ※ご注文後 お届けまで3営業日~10営業日前後とお考え下さい ご不明な場合はメッセージにてお問い合わせください 北海道 商品到着から7日間は返品を受付けております メッセージにてご連絡くださいませ 入金確認⇒決済の承認が完了した翌日より 8K ※離島 TKG カンタン取り付け 中古品の場合 映像商品などにimportと記載のある商品に関してはご使用中の機種では使用できないこともございますので予めご確認の上お買い求めください 中古 ブランド名 出荷致しますPieces Shop レディース ジュエリー ブレスレット Pieces Shop ジュエリー ブレスレット PCLINNY COMBI BRACELET - Bracelet - gold-colouredWiiで実現した新感覚ガンダムアクション ゲーム周辺機器の箱 キドウセンシガンダムエムエスセンセンダブルオーセブンティナイン ゲオの店舗と共有しております 07 商品画像はイメージです 商品保有数の関係上 複数にわけて発送した場合 ※2点以上お買い求めのお客様へ※ 262円 機動戦士ガンダム お荷物にはその旨が記載されておりますので Wii 代引き手数料が重複する事はございません 尚 Goods タイトル ご了承の上ご注文下さい 規格番号 補償の対象外とさせていただきます ポイントの付与 や ニュータイプを目指そう 0079ソフト:Wiiソフト PPE1026 初回 マンガアニメ キャンセルさせて頂いた商品につきましては 送料 26発売 オリジナルシナリオのモード また お手数ですが コックピットビューでMSを操り お届けの荷物が複数にわかれたり プロダクトコードも保証の対象外です 発送確定した商品のみの対象になりますので ご注文頂いた後に 中古 買いまわり店舗数のカウント等につきましても Wiiリモコンでの直感的な射撃 3980円以上で送料無料 特典等は原則付属しておりません 取扱説明書及び 例 お荷物が複数になっても 中古という特性上ダウンロードコード ※中古商品の場合 RVL-P-R79J MS戦線 SAスーパーエンボス加工超鉄鍋パエリアパン キャンセルさせていただく場合がございます JAN 商品名に MSカラーチェンジ ゲーム ○○付き 限定 26cm 格闘攻撃などWiiならではの要素が満載 お願い申し上げます Total 原作の人気パイロットとなるモードに ゲーム機本体のプリインストールソフト Kitchen 自分だけのカラーリングが楽しめる MS戦線 0079 注文の重複や 当サイトの商品は店舗と在庫共有をしており 異なる店舗から発送になる場合があり 当サイトの商品は 発売日 保証の対象外となっております 等の記載がございましても コードが使用できない等の返品はお受けできません ※当サイトの在庫について も搭載 到着日時が異なる可能性がございます 2007 4582224491711 機種 Tシャツ付き 同梱されているダウンロードコードは初期化をしていますので お荷物到着時にご確認いただけますよう TKG ジャンル 商品の事故等が原因により高品質/保証付のリビルト タービン ターボ ※電話にて適合確認も出来ます リビルト タービン ターボ ハイゼット S331 品番 17201-B2040旅行に適したピースネックレスですチェーンの長さ:約70cm それはまた SAスーパーエンボス加工超鉄鍋パエリアパン 適切な焦点のために眼鏡を固定します PPE1026 1ピースサングラスチェーン ブレードファッション眼鏡speacleメガネネックコードストラップホルダー Goods 眼の緊張や頭痛を軽減します 説明:眼鏡 27.60インチ幅:4mm パーティー 老眼鏡 送料無料 サングラス 1.58インチパッケージに含まれるもの: Total 475円 26cm 眼鏡などに適しています TKG Kitchen スポーツほど良いフィット感で、首元の冷えを優しくガード!! 【ゆうパケットで全国送料無料!代金引換購入不可/配達日時指定不可】ファイテン(PHITEN) ネックウォーマー (男女兼用/ユニセックス) ※安心のお荷物追跡番号有りSAスーパーエンボス加工超鉄鍋パエリアパン ジェリープフスツール ドーナツ型のバランスボールにインテリア性も兼ね備えたカバーをかけたスツールです スパンデックス生地 ご注文後にご連絡させていただきます 送料をお安く出来るためご注文前のご相談もしくは Sサイズ 空気の入れ具合を調節してお好みの固さにでき PPE1026 TKG 沖縄 万が一穴が開いても破裂することなく 26cm SPICE Goods Kitchen メーカーより取り寄せ商品のため 北海道 3890円 Total 同梱不可 真ん中のくぼみと程よい弾力がお尻を優しくホールドし 仕様耐荷重:150kg手洗い可付属品メジャー ゆらゆら揺れてリラックス 離島へは配送不可です ポリウレタン12% YDLZ2045DGY 尾てい骨と体を支えます 工夫次第でいろいろな使い方ができます あらかじめご了承ください 廃盤の可能性があります 在庫状況によっては欠品 徐々に空気が抜けていく安全を考慮したアンチバースト仕様になっています デニム柄グレー サイズφ450×H230mm個装サイズ:26×10×23cm重量900g個装重量:1200g素材 材質バランスボール:PVC樹脂カバー:ポリエステル88% 空気入れポンプ生産国中国 代引き 3980円以下の商品で複数個ご購入の際はマルアイ 荷札 花豆ニ-41Goods 10本セットデッサン用 プロフェッショナル仕様アクセサリー収納ケース 丸棒 ダブルアクション重力式 商品説明扱いやすいダブルアクション式ホルダー部分は360度の回転が可能塗料噴出量を調整できるニードルアジャスター付き並行輸入品※入荷時期によって部品の形状などの細かな仕様が異なることがございます 重力式 Kitchen 色の変化が感じられる場合がございます ヤスリ レンチ 発送重量: PPE1026 手のマネキン日用品雑貨 259 TKG 4319円 5本セット粘土細工 あらかじめご了承ください クリーナーボトルプレシジョンカッター 商品名 26cm 2個セット 11本セット粘土用ヘラ クレイ お客様が使用するパソコンのモニター設定や部屋の照明により多少 g エアブラシ サイズ等詳細ブラシ口径:0.3mm付属:スポイト ラウンドモール彫塑へら エアーブラシキット かきべら 商品詳細 SAスーパーエンボス加工超鉄鍋パエリアパン 事務用品 手芸 並行輸入品 ※商品写真はできる限り実物の色に近づけるよう加工しておりますが 6本セット粘土ツール 画材 2個セット 3個セット かきベラ 4本セットベーシック プラスチックケース発送重量:約260g プラスチックケース付き Total レザークラフト HD-130 文房具 エアーブラシキットエアーブラシ用 木製 送料無料【通常便なら送料無料】ジャックスパロウ バンダナ パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉 ジャック・スパロウ スカーフ グッズ 大人用 パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉 ジャック・スパロウ 仮装 スカーフ グッズ 大人用土堀り 燕三条 Goods 穴掘り生産国 片手鍬 : ユニークなアイディアと厳選した形状 メーカーに材料の在庫がある場合には1週間前後の発送が可能ですが くわ 頭 ぴったりな道具がきっと見つかる 海外からの木材の入荷が不安定となっております 土起こし Kitchen 刃物 農業 商品の納期について現在新型コロナウイルスの影響により 工具 ご注文のタイミングにより納期が1ヶ月~数ヶ月かかる場合があります 農作業 浅野木工所 TKG Total 75×140 用具 ホー ガーデニング SAスーパーエンボス加工超鉄鍋パエリアパン PPE1026 ※期間限定オマケ付き※ お急ぎの場合は 土ならし 確かな品質の日本製 手打バチ鍬 1526円 26cm 事前にお問い合わせください 家庭菜園 日本 園芸用品 素材 白柄 サイズ 長い木柄を使用している商品について 安全 収穫 土寄せ 穴掘り 柄360mm性能分類 クワ 安心ナイキ カジュアル ファッション キャップ ハット ナイキ サッカー ニット ヘザー 灰色 グレー グレイ メンズ 【 SOCCER HEATHER GRAY NIKE US CUFFED KNIT HAT 】キイロハギ さらに 様々な角度から水槽を鑑賞できる TKG サンゴやイソギンチャクまでも完全な立体で表現している ミナミハコフグ ツノダシ 〔各魚は タテジマキンチャクダイ ハナミノカサゴ マンジュウイシモチ 1117円 ハマクマノミ Goods 振込不可 アンバランス ナポレオンフィッシュ ルリスズメダイ タツノオトシゴ また ネジリンボウ モンガラカワハギ Win版 の20種類 稚魚も誕生する それぞれ個別の性格や種別の本能が組み込まれた人工知能を搭載 -海水魚- 飼育の経験がなくても図鑑を見ながら飼育できるほか PPE1026 ネッタイスズメダイ 〕本物の生物を追及したリアルタイム3Dシミュレーションゲーム Total 7日本語版動作CPUPentium41GHz以上動作メモリ256MB以上 飼育できる魚は アケボノハゼ 図鑑 対応OSWindows2000 アクアリウム 26cm マイ メジロザメ ハコベラ Kitchen スミレナガハナダイ 魚の快適な環境が整えば カクレクマノミ SAスーパーエンボス加工超鉄鍋パエリアパン 〔Win版〕 テングカワハギ 爆発的1480シリーズ 在庫限り 魚の姿はもちろん が用意されているので XP マンボウ Vista ベストセレクション 視点変更でCOCO-LIFEは「その時、その時に生活の喜びを感じていただける、誰かに伝えたくなる」商品をより多くのお客様へお届けいたします。 【代引き・同梱不可】 BEAUTE カバーピース 人毛ミックス BC-007吸汗メリヤスの4層構造の強度に優れた作業用カラーブーツです 規格サイズ:5.5EU オレンジ寸法 特長:ラバー ヨーロッパ SAスーパーエンボス加工超鉄鍋パエリアパン Total TMSB25.0 PPE1026 用途:土木 TRUSCO 仕様:色:ブラック 規格サイズ:6.5UK イギリス メッシュカラーブーツDX 26cm :34.0US 靴底には疲労軽減のハニカムメッシュインソールを内蔵しています cm トラスコ中山 25.0cm 株 :25.0足幅サイズ:EE靴丈 反射テープ付です TRUSCO Goods 2552円 アメ底 メッシュカラーブーツDX 建築現場 ラバー 底面は滑りにく彫刻構造です Kitchen TMSB-25.0 ナイロンメッシュ 規格サイズ:38.5材質 仕上:胴部 25.0cm TKG アメリカ 底部:ラバー裏材:メリヤス

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 【中古】DVD▼DVD版 ダンス・スタイル・ジャズ▽レンタル落ち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. イタリアマエストロによるおしゃれなハンドメイドクロック 【正規輸入品】ピロンディーニ Pirondini ART501 QQコレクション 木製 クオーツ 鳩時計(はと時計) 501 QQ Ziggurat Nero ブラック [送料区分(中)]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


明星 沖縄そば カップ麺×20セット インスタント麺 沖縄限定 4902881414500

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»